将来の教育資金

学資保険で保証される内容

さまざまな保険会社で学資保険を販売していますが、保険会社や商品ごとに保障内容は異なっています。
また、商品ごとに重視する保障内容も違ってきます。
ここでは、学資保険で保障される内容について紹介します。

まず、学資保険は、将来の教育資金に備えることが第一の目的であるため、貯蓄性があることが特徴となっています。
そのため、利率が高めになっているものが多く、支払った保険金以上の返戻金が受け取れる可能性があります。

それから、学資保険によっては、中学校入学、高校入学、大学進学など、節目の年にお祝い金を支給するものがあります。
進学の際には何かとお金がかかりますので、お祝い金が支給されると助かる方も多いでしょう。
ただし、このお祝い金は、満期返戻金の一部を支給しているため、必ずしもお得になるとは限りません。

また、子供の医療保障が付帯した学資保険もあります。
このような保険を保障型学資保険といいますが、子供の教育資金を貯めながら、万が一の子供の病気やケガの入院や通院時に給付金を受け取れます。

そして、学資保険の多くに付帯しているのが、親に万が一のことがあった場合の保障です。
特に、一家の大黒柱である父親にもしものことがあれば、収入が途絶え、生活も苦しくなるかもしれません。
親に万が一のことがあった場合、その後の保険料は免除になり、時期が来れば満期金を受け取れます。
一般の学資保険のほとんどには、この払い込み免除制度が導入されており、免除を受けていても予定通り満期金を受け取れます。

また、育英年金型学資保険に加入すれば、親に万が一のことがあった場合、満期時まで育英年金の支払いが受けられます。
この場合、子供の教育資金に備えながらも、子供の生活の保障も受けられます。
このように育英年金は、万が一のことがあった場合に心強い存在ですが、育英年金に加入すると、学資保険の返戻率が低くなることもあります。

このように、学資保険に加入することで様々な保障が付帯できます。
そのため、将来のことを考え、どの保障が必要であるか、じっくり考えたうえで保険に加入してください。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.