将来の教育資金

学資保険を途中で解約した場合

学資保険は自由に解約することができますが、当然、解約すれば、保障を受けることはできなくなります。
そのため、本当に解約して良いのかどうか、じっくり考えたうえで決め、後で後悔することがないようにしてください。

学資保険は定期預金などに比べると利回りの良い商品となっており、満期日まできちんと保険料を支払えば、返戻率が100%を超えることが多くなっています。
もし、途中で解約した場合、解約返戻金を受け取れます。
ただし、解約返戻金は、支払い済みの保険料額をもとに計算するため、加入期間が短ければ、解約返戻金がゼロになることもあります。
この場合、結果的に掛け捨ての保険となり、損をすることになります。
また、学資保険を解約してしまったら、前と同じ条件で再加入はできません。
同じ保険に戻したいのであれば、新たにその保険に加入しなければなりません。
当然、子供の年齢も高くなっているため、毎月の保険料が高くついてしまいます。
さらに、契約者の健康状態が悪くなっている場合、新たに保険を契約できなくなることもありますので、自分の健康状態も考慮したうえで解約を決めるようにしてください。

現在のような不況下にあっては、突然の失業などで保険料を支払えなくなることもあるでしょう。
もし、経済的な事情で、保険を継続することが難しくなった場合、満期保険金を少なくして、保険料の支払いを軽減する方法もあります。
また、これまで支払った保険料で、別の保障内容に変更する「払い済み」という方法も選択できます。この場合、受け取れる満期金は少なくなり、特約も外されてしまいますが、学資保険本体の保障を継続することができます。

さらに、一定の年数以上保険料を支払い続けたのであれば、一時的に保険料を支払えなくなった場合、自動振替貸付制度といって、保険料を保険会社に立て替えてもらうことも可能です。
このように経済的な問題で保険料の支払いが困難になった場合でも、保障を継続する方法はあります。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.