将来の教育資金

満期学資保険と祝い金

学資保険に加入した場合、契約時の満期年齢が訪れると満期保険金を支払ってもらえます。
学資保険の多くは、「17歳、18歳、20歳、22歳」のいずれかを満期時期に設定できます。
特に、大学入学のためにお金が必要になるため、17歳か18歳を満期にする方が多くなっています。

それから、学資保険の中には、高校入学時など節目の年にお祝い金を支給するところもあります。
進学する際にはいろいろと物入りになるため、お祝い金がもらえるというのは魅力的であるかもしれません。
しかし、お祝い金は支払った保険金から支給されるため、その分だけ満期保険金が少なくなってしまいます。
そのため、満期時に全額を受け取った方が良いのか、進学などの節目の時期に少額でもお祝い金を受け取った方が良いのか、良く考えたうえで、プランを設定するようにしてください。

お祝い金を受け取った方がお得のように感じると思いますが、実際にはお祝い金のない学資保険の方が利回りは良くなっています。
実際にまとまったお金がかかるのが大学入学時であるため、中学や高校に入学した際は、毎月の収入や預貯金で対応し、大学入学時にまとめて受け取った方がお得になります。

また、学資保険で満期金やお祝い金を受け取った場合、税金の支払いはどうなるのか、心配する方もいるようです。
確かに、税法上は、学資保険の満期保険金は課税対象になっていますが、実際に税金の支払いを生じるケースはほとんどありません。

学資保険の満期金やお祝い金は「一時所得」の扱いとなり、「(収入金額−収入を得るために支出した金額−特別控除50万円)×1/2」という計算式で税額を求めます。

満期金を受け取った場合、受け取った満期金から支払い済みのトータルの保険料を差し引いた額が課税対象となります。
ところが、過去に利回りが良かった時代には、満期金で課税されることもありましたが、現在は、利率が低くなっているため、課税されることはほとんどありません。
そのため、満期金に対する税金については心配する必要はないでしょう。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.