将来の教育資金

加入前にいろいろ比較してみよう

学資保険と言っても、たくさんの種類があり、商品ごとに保険料、満期時期、保障内容が異なっています。
保障内容で見てみると、子供の医療保障が充実しているもの、大学進学時にまとまったお金が受け取れるもの、それぞれの学校への進学時にお祝い金が支給されるもの、親に万が一のことがあった場合、育英年金が支給されるものなど、さまざまです。

そして、それぞれ必要な保障も違ってくるでしょう。
もし、生命保険や医療保険に加入済であるならば、医療保障や育英年金は不要になるでしょう。

そのため、学資保険に加入するにあたっては、複数の保険会社にパンフレットを請求し、じっくりと比較検討することをお勧めします。
自分達に本当に必要な保障はどれであるのか、じっくり考えたうえで、最適の学資保険を選ぶようにしてください。
もし、不明な点があれば、保険会社に直接問い合わせたり、フィナンシャルプランナーなどに相談してみると良いでしょう。
以下に、人気の高い学資保険とその特徴を簡単にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

・フコク生命の「みらいのつばさ」
子供の教育資金の貯蓄に重点を置いた保険です。
子供の節目の年にお祝い金を受け取れるステップ型、大学の学費に備えるジャンプ型があります。

・アフラックの夢みるこどもの学資保険
子供の進学に合わせて、学資一時金や学資年金が支給されます。
契約者が死亡した場合、それ以降の保険料は免除になります。

・NKSJひまわり生命のこども保険
4つのプランからライフスタイルに合ったものを選べます。
子供が成長するごとに成長祝い金が支給されます。

・三井住友海上あいおい生命のこども保険
保障を重視した保険で、子供の教育資金の貯蓄とともに医療保障と養育年金の保障を付帯できます。
子供や契約者の万が一を手厚く保障します。
その他、無料育児相談サービスも利用することができます。

・太陽生命のわくわくポッケ
契約者の死亡時だけではなく、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病を発症した時にも、保険料が免除になり、教育資金は受け取れます。
資金を進学の前年の10月に受け取ることができます。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.