将来の教育資金

育英年金付き学資保険の内容

育英年金とは、契約者である親が死亡、または高度障害を負ってしまった場合、満期時まで毎月育英資金が支給されるというものです。

育英年金付学資保険に加入している場合、契約者に万が一のことがあれば、育英資金が受け取れるとともに、以後の保険料の払込は免除となり、満期金は予定通り支払われます。

育英年金を付帯すれば、親に万が一のことがあっても子供の教育資金の心配は不要になる上に、子供の生活費も保障されるというメリットがあります。

このように育英年金など保障に重点を置いた学資保険を「保障型の学資保険」といいます。
保障型の学資保険は、加入した方がお得であるように感じますが、一般に、貯蓄型の学資保険よりも返戻率が低くなっています。

また、育英年金付の学資保険は、保障を手厚くしている分だけ保険料が高くなっています。
現在は低金利の時代であるため、学資保険の保障の部分を手厚くすると、満期時に支給される資金が、支払った保険料よりも少なくなってしまうことがほとんどです。
そのため、肝心の教育資金が不足してしまうというケースもあります。

学資保険に加入するにあたっては、教育資金の積み立てを重視すればよいのか、育英年金の保障が必要であるのか、じっくり考えることが必要です。

もし、親が生命保険に加入し、死亡保障を付帯しているのであれば、保障の重複となるため、育英年金は特に必要ないと思われます。

それから、育英年金を付帯する場合に、前もって知っておいてほしいことがあります。
育英年金を受け取った場合、所得税と住民税の課税の対象となります。
そして、年間で支給される育英年金のトータル額から支払済み保険料を引いた額が、38万円を超えた場合、所得税が課税されます。
さらに、子供にも所得があるということで、親の扶養枠から外れてしまい、児童手当や医療手当が受けられなくなってしまいます。

このようなことを避けるには、配偶者を受取人にするか、年間所得が38万円を超えない範囲で年金の額を設定することをおすすめします。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.