将来の教育資金

学資保険とこども保険の違い

学資保険について調べていくと、保険会社によって「学資保険」や「こども保険」など異なった名称が使われていることに気付くことと思います。
そして、保障の内容を比較しても両者の違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。

では学資保険とこども保険に何らかの違いは存在するのでしょうか?

もともとは学資保険とこども保険は異なった意味合いを持つものでした。

学資保険とは、教育資金の積み立てを第一の目的とし、貯蓄性が高いことが特徴となっていました。
そして、契約者である親に万が一のことがあった場合、以後の保険料が免除になり、保障は続くことになっています。

近年は、特約が充実してきており、子供が死亡した場合の死亡保障、子供の病気やケガで入院した際の医療保障、契約者が亡くなった時の育英年金など、必要に応じで様々な特約が付帯できます。
特約は自由に組み合わせて付帯できるケースも多く、最近の学資保険は子供の教育資金ばかりが目的とは言えなくなってきています。

一方、こども保険は、子供の医療保障を目的とするものです。
子供が病気やケガで入院・通院が必要になった時に保険金の給付が受けられます。
また、中には、他人の子供に怪我を負わせてしまった場合の保障が付帯できるものもあります。
そして、子供の万が一に備えながらも、将来の教育資金を積み立てることができます。

このように、全体的に見るとどちらも似たような保障内容となっていますが、学資保険は学費の積み立て、子供保険は子供の医療保障を主目的とするという違いがあります。

しかし、こども保険の中にも、教育資金の積み立てに重点を置き、貯蓄性が高い商品がたくさんあります。
その一方で、学資保険であっても、一般の医療保険並みの充実した医療保障が受けられるものもあります。

このように、学資保険もこども保険も同じ意味合いのものとして扱われることが多く、保障内容もほとんど変わらないものとなっています。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.