将来の教育資金

子供一人の教育費はいくらかかる?

子供の教育にはお金がかかりますので、前もってどのぐらいのお金が必要であるのか知っておき、出来るだけ準備しておきたいものです。

幼稚園から大学まで公立に通わせるか、私立に通わせるかによって、かかる費用は大きく異なります。

大学まで公立の学校に通わせたとしても、最低700万円はかかります。
もし、進学のために塾などに通わせた場合、トータルで1000万はかかるものと思ってください。
一方、大学まで私立に通った場合、1700万円から2300万円必要になるとのことです。

また、私立大学に通った場合、学部によってかかる費用が違ってきます。
私立大学の文系学部に通った場合、4年間で400~500万円かかります。
一般に文系の学部は授業料が安く、理系、芸術系、歯科医科系の学部では、さらにお金がかかります。
そのため、私立の医学部に通った場合はかなりまとまったお金がかかります。

次に、大学に行かずに専門学校へ行った場合について考えてみます。
初年度には、入学金と授業料で平均120万円ほど必要になるとのことです。
このように見ていくと、専門学校へ通った場合でも、私立大学と同程度の費用がかかることにがわかります。

それから、自宅から大学まで通えない場合、部屋を借りて一人暮らしをしなければなりません。
そのため、部屋を借りるための礼金、敷金に加えて、家賃や食費など毎月仕送りをしなければならなくなりますので、さらに100万円近いお金がかかります。

そして、大学を卒業すれば、就職するというのが一般的ですが、近年は大学院へ進学する方も多くなっていますので、そのようなケースもあることを考慮しておくと良いでしょう。

現在は、不況で収入減となっている家庭が多い中、子供の教育費は増加する傾向にあります。
高校までは、毎月の収入や貯蓄の中からなんとかまかなえても、大学の費用となると捻出することが難しくなるかもしれません。
そのため、学資保険などで毎月1万円でも積み立てておき、大学の費用は学資保険で準備すると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.