将来の教育資金

学資保険に付けられる特約の種類

学資保険は学費を準備するためのものですが、さまざまな特約を付加することができます。
ここでは、学資保険で付加できる特約とその内容について説明します。

・保険料払込免除特約
どの学資保険でも、契約者が亡くなったり、怪我や病気で重度の障害が残ってしまった場合、その後の保険料が免除になります。
保険料を免除されても、返戻金は受けられるため、万が一の時には心強い特約となっています。
ほとんどの場合、自動的に付帯されますが、契約時に申し込みが必要な場合もあるため、事前に確認するようにしてください。
この特約は必ず付帯するようにしてください。

・医療保障
子供が怪我や病気で入院・通院した場合に給付金の支給が受けられます。
保障型の学資保険では、この医療保障が充実していることが多くなっています。
ただ、この医療保障を付帯すると、返戻率が低くなってしまいますので注意してください。
他に、家族で医療保険に加入しているのであれば、この特約は不要です。

・育英年金
契約者が亡くなった場合、育英年金が支払われるという特約となっています。
一家の大黒柱にもしものことがあった場合、生活費の保障が受けたいのであれば、付帯しておきたい特約です。
育英年金特約を付帯すると、返戻率が下がってしまいますので、親が生命保険に加入しているのであれば、付帯しなくても良いでしょう。

・死亡保障特約
子供が死亡した時に保険金が支給されます。
子供が亡くなって生活に困る家庭はほとんどないと思いますので、積極的に付加する必要はないでしょう。

学資保険にはいくつかの特約を付帯することができます。
ただし、「保険料払込免除特約」以外のものは、他の保険で補った方がお得になることがほとんどです。
例えば、医療保障は医療保険で、育英年金は親の生命保険で保障を受けた方が有利です。
また、特約は出来るだけ付帯しない方が、返戻率が高くなります。
ただし、「保険料免除特約」だけは必ず付加するようにしてください。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.