将来の教育資金

医療保障が充実している学資保険

学資保険は、子供の教育資金に備えるためのものですが、医療保障を付帯させることができる商品もあります。
子供はケガや病気が多いため、万が一の入院や通院に対して備えたいという方には、医療保障型の学資保険がおすすめです。

このタイプの学資保険は、商品によって保障内容は異なりますが、どの商品であっても子供の将来の教育資金を貯めながら、病気やケガの際の入院費や通院費の保障が受けられます。
中には、医療保険と同様の保障が受けられるものもありますし、親の死亡保障も充実したものまで、さまざまなタイプのものがあります。

医療保障が充実した学資保険は、子供の教育を貯蓄すると同時に、子供の怪我や病気の際の保障も充実させたい方に適しています。

医療保障が充実している学資保険は、貯蓄と医療保障がセットになっているので便利に思えるかもしれませんが、医療保障が充実した分だけ、返戻率が低くなるものがほとんどです。

貯蓄性が高い学資保険は返戻率が高いため、保険会社の収益も少なくなります。
そのため、加入者が長期にわたって支払った保険料から得られる運営益で還元分を補てんしています。
そして、収益が少ない学資保険に、医療保障をセットにすると、保険会社は保障部分も負担しなければならず、赤字になる可能性も出てきます。
したがって、保障の部分は加入者に負担してもらわなければ保険会社も運営できなくなってしまいます。
そのため、医療保障が充実した学資保険が、元本割れするものが多く、実際に支払った保険料より、満期返戻金の方が少なくなることが多いのです。

受け取れる満期返戻金が少なくなっても医療保障を充実させたいのであれば、保障型学資保険に加入するのも良いでしょう。
ただし、子供のために少しでも多く返戻金を貰いたいのであれば、貯蓄型の学資保険に加入し、別途医療保険に加入することをお勧めします。
それぞれの家庭で補償に対する考え方は異なると思いますが、最低限必要となる教育資金を貯められる保険を選ぶようにしてください。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.