将来の教育資金

学資保険は必要か?

現在、さまざまなタイプの学資保険が販売されています。
学資保険は、将来の子供の教育資金を準備するためのもので、親に万が一のことがあっても子供はきちんと教育が受けられます。

学資保険の加入中、親に万が一のことがあった場合、以降の保険料は不要となるうえに、満期学資金とお祝い金は予定通り受け取れます。

また、学資保険の中には、子供の医療保障が付加されているものもあります。
子供が怪我や病気で入院した場合に、給付金が受け取れ、さらに、子供が死亡した際には死亡給付金が支給されるものもあります。
ただ、通常の医療保険に加入していれば、子供の医療費は不要ですし、子供に万が一のことがあっても、給付金が欲しいという方は少ないのではないでしょうか。

それから、学資保険の加入を検討するにあたっては、利回りも重視しなければなりません。
過去には、利回りが良い時代があり、学資保険に加入した方がお得である時代はありました。
しかし、現在は、利回りが低くなり、返戻率が100%以下の商品もあります。
このような学資保険の加入者は年々減少しています。
そのようなこともあり、近年は学資保険に貯蓄性をプラスした商品を販売する保険会社も出てきており、加入者数を伸ばしています。

学資保険にはさまざまなメリットがありますが、子供の教育資金を蓄えるためには、その他にも良い方法があるかどうか検討することも必要です。
もし、他に利回りの良い資産運用法があるのであれば、学資保険にばかりこだわる必要はないのではないでしょうか。

学資保険に加入しなくとも、貯蓄、生命保険、株式などの投資でも教育資金は準備できます。
ただし、貯蓄が苦手な方は学資保険に加入した方が、確実に教育資金には備えられるでしょう。
そのため、ライフスタイル、現在の家計の状況などを十分に検討したうえで、学資保険に加入するか否か決めていくと良いでしょう。
それに、子供がいれば、いろいろとお金がかかりますので、将来の教育資金より、まず今必要なお金のことも考えなければなりません。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.