将来の教育資金

契約者は両親どちらを選んだほうがいい?

学資保険は子供のために加入するものですが、基本的に契約者は親になります。
学資保険は、両親のいずれの名義でも契約することができますが、父親と母親のどちらの名義にすると良いのでしょうか?

学資保険には、契約者に万が一のことがあった場合、以降の保険料の支払いが免除されるため、父親が契約者になることが多いです。

父親の収入で生計を立てている場合、父親に万が一のことがあれば、家族の生活は苦しくなります。
もし、学資保険に育英年金や契約者の死亡保障を付帯した場合、保険金支給の対象となるのは、契約者本人が死亡した時のみとなっている商品がほとんどです。

もし、父親の収入の中から保険料を支払いながら、学資保険の名義を母親にしていた場合、父親が亡くなっても、契約者である母親は健在であるため、保険料払込免除が受けられなくなってしまいます。
ただし、母親の収入の方が多い場合には、母親を契約者にしても特に問題はありません。
いずれにしても、保険料を支払う側が契約者になることが原則となっています。

近年は、離婚する夫婦が多くなっていますが、この場合、学資保険の名義はどのようにすればよいのでしょうか?

子供が小さい場合、母親が親権者になるケースが多くなっています。
別々に生活しても、子供の父親であることには変わりがないため、父親が保険契約者のままでも特に問題はありません。
ただ、離婚した後に、父親と連絡を取ることが可能であるか、保険料を払い続けてくれるかが問題になります。

なお、学資保険の解約手続きは、保険契約者でなければできません。
もし、別々の生活を始めた後で学資保険を解約したくなっても、父親と連絡が取れなければ解約できなくなってしまいます。
また、子供に給付金が支給される場合、父親の口座に振り込まれることもあります。
そのため、母親が親権者になるのであれば、名義変更をしておくことをお勧めします。
もし、名義変更ができないのであれば、学資保険を解約し、新たに学資保険を契約しなおしましょう。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.