将来の教育資金

人気のある学資保険ランキング

現在、たくさんの保険会社からさまざまな学資保険が販売されています。
学資保険を選ぶ際には、返戻率を比較することがポイントとなります。
その他にも重視すべきポイントはありますが、人気の高い商品は返戻率が高いことが特徴となっています。

ここでは、数ある学資保険の中でも人気の高い商品とその特徴について紹介していきますので、学資保険選びの参考にしてみてください。

No.1 アフラックの「夢みるこどもの学資保険」
アフラックの夢みる子供の保険は、返戻率が111.3%と高い水準になっています。
この保険は、大学進学時に満期金を受け取るもので、貯蓄性を重視することで、返戻率を高めています。
それから、アフラックは医師の審査がないため、気軽に申し込めるという特徴があります。

申込時に、契約者に万が一のことがあった場合に保障を継続できる特約を付帯することができます。
なお、アフラックの学資保険を途中で解約した場合、元本割れしますので注意してください。

No.2 ソニー生命の学資保険
ソニーの学資保険は、返戻率が高いことで人気が高く、さまざまなメディアで取り上げられています。
満期時期は、17歳か18歳のいずれかを選ぶことができ、返戻率は111.8%と業界内では最高水準となっています。
また、親に万が一のことがあった場合に保険料が免除になる特約を付帯することができます。
それから、途中解約すると返戻率が低くなり、損をしてしまいますので注意してください。

No.3 フコク生命の「みらいのつばさ」
フコク生命のみらいのつばさには、それぞれの学校の入学時にお祝い金を受け取れる「ステップ型」と大学進学にまとめてお金を受け取る「ジャンプ型」があります。
返戻率については、「ステップ型」が109.4%、「ジャンプ型」が111.4%と業界内でも高い水準にあります。

ステップ型は、幼稚園の入園時、小学校から大学までの入学時、20歳、22歳のそれぞれの節目の年にお祝い金を受け取れます。
それに対して、ジャンプ型は、お祝い金を受け取らずに、大学入学時と満期時の2回のみにまとまった保険金を受け取ります。

それから、フコク生命の学資保険には「兄弟割引」が適用され、2人目の子供からは保険料が割引になります。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.