将来の教育資金

貯蓄目的の学資保険

貯蓄性が高い学資保険は、数ある学資保険の中でも人気が高くなっています。
このタイプの学資保険は、子供の教育資金の積み立てのみを目的とするもので、返戻率が高いことが特徴となっています。
つまり、支払った保険料のトータル額に対して、満期保険金や祝い金の支給額の方が多くなるのが一般的です。

子供の教育のために定期預金などで貯蓄しようと思っても、毎月決まった額を貯蓄することが難しいという方も多いでしょう。
学資保険の場合、契約した以上は毎月の保険料の支払いが強制されることになりますので、確実に将来の子供の教育のために備えることができます。
そして、契約した保険料を払い込みさえすれば、決められた時期に保険金を受け取ることができます。

親に万が一のことがあった場合は、以降は保険料が免除されますが、契約通り満期金やお祝い金を受け取れます。
つまり、親が死亡した場合でも、子供の教育資金を残すことができるのです。

ただし、貯蓄性の高い学資保険は、医療保障や育英年金が付加されていないため、親が死亡した時にも育英年金は支給されませんし、子供が病気やケガで入院や通院が必要になった場合も給付金はもらえません。
その他に、医療保険や生命保険に加入しているのであれば、貯蓄性の高い学資保険は非常に魅力的です。

貯蓄型の学資保険といっても、商品によって、満期年齢や満期金の額、返戻率が異なっています。
現在は、低金利の時代であるため、従来に比べて返戻率が低めになっていますし、中には貯蓄型の学資保険でも元本割れするものがあります。

そのため、親と子供の年齢をもとに毎月の保険料と満期時にもらえる保険金の額を比較し、本当に貯蓄になるのかどうか確認した上で学資保険に加入するようにしましょう。

それから、返戻率が高い学資保険の中には、親に万が一のことがあっても保険料が免除にならない商品もあります。
他に加入している生命保険で、死亡時の保障を手厚くしているのであれば、このような学資保険に加入するのも良いでしょう。

Copyright(C) 2013 親の万が一に備えて All Rights Reserved.